ウェディングアイテムの自作

ウェディングアイテムを自作する!

厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式

ウェディングアイテムを自作する!

結婚式の費用を抑える方法の一つに、ウェディングアイテムを自分で作るという方法があります。自分で作るのは面倒ですが、その面倒なことをすることで費用を節約できるのです。また、手作りしたことで、2人のオリジナルのものが作れますし、思い出にもなるでしょう。では、実際に結婚された人たちが自作しているアイテムを具体的にご紹介しましょう。
「ペーパーアイテム」……招待状、席次表、席札、プログラム、料理のメニュー表、プロフィール、サンキューカード、新居案内カードなどをいいます。最近はパソコンやプリンターが高性能になったことや、製作ソフトや、キット、素材集なども数多く販売されていますので、自作される人が増えているようです。
「ウェルカムボード」……招待客への最初のおもてなしとして、待合室や式場の入り口、受付などに飾るものです。式場に依頼した場合は約20000円程度、業者に発注した場合は約19000円程度かかりますが、手作りすると約5000円程度に費用を節約することができます。インターネットで調べたり、2人で相談したりして、自分たちらしいウェルカムボードになるように工夫しましょう。
「リングピロー」……結婚指輪をのせる小さなクッションのことです。最近は、クッションタイプだけでなく、ぬいぐるみタイプ、花や羽根をモチーフにしたタイプ、ボックス、カゴ、ワイヤーフレームなど、さまざまなタイプのものがあります。完成品だと2000円~、手作りキットだと1500円~売っています。また、結婚した友人から貸してもらうという手もあります。
「プロフィールビデオ」……エンディングムービーや生い立ちムービーとも呼ばれています。披露宴でプロフィールや生い立ちをスライドショーとして流されます。これは、式場に依頼すると約4万円~10万円程度かかります。パソコンやビデオの扱いに慣れている人ならぜひ手作りしたいものです。

 

みなさん100円ショップのアイテムを利用したり、友人からゆずってもらったりと、いろいろと工夫して、オリジナリティあふれるものを作っていらっしゃるようです。
(※式場によって異なりますのでご注意ください)

注目の節約術

ウェディングアイテムを自作する!ウェディングアイテムを自作する!最近は、招待状や席次表などのペーパーアイテムや、ウェルカムボードなど、ウェディングアイテムを自作する人が増えているようです。その理由としては、結婚式の費用を抑えるためと、2人のオリジナリティあふれるものをという気持ちからのようです。自分で作るのは面倒に思われがちですが、それもまた思い出ではないでしょうか。

持ち込み量、制限について聞いておく!持ち込み量、制限について聞いておく!結婚式場を決める際に、必ずチェックしておきたいのが、「持ち込み料」や「持ち込み制限」についてです。式場側からあらかじめ説明してくれるところもありますが、そうでない場合も多いので、必ず聞いておきましょう。これが後々のトラブル回避、結婚費用の節約に繋がります。契約後にしまったと思っても、取り返しがつきませんので気を付けて下さい。

厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式最近、密かなブームとなっているのが、神前式です。古式ゆかしい日本人ならではの伝統を感じられることに新鮮さを感じる若者や、晩婚化の影響から落ち着いたお式をと望むカップルが増えているようです。近年では、外国人カップルが神社で結婚式をあげることもあるようです。まだ結婚式の形式を決めていないカップルは、神前式も候補に入れてみてはどうでしょうか。

地域別、結婚式費用の相場地域別、結婚式費用の相場それぞれの地域によって、その場所ならではの習慣や県民性、結婚式に対する考え方などは、大きく違ってきます。それらは、結婚式の費用と密接にかかわってきます。結婚費用の地域別平均金額と、地域別の具体的な傾向を知ることによって、事前に両家でしっかりとすり合せを行い、これからの式場選びや予算設定などの参考にしてください。

PAGE TOP