結婚記念写真でフォトウェディング

ウェディングアイテムを自作する!

厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式

料金抑え目、結婚記念写真でフォトウェディング

挙式はしないけれど、写真は残したいと思っているカップルにお勧めなのが、フォトウェディングです。
さまざまな理由から結婚式をしないカップルも少なくありません。しかし、入籍だけでは物足りなく感じます。2人の幸せな瞬間をせめて写真に残したいと思うカップルは多いと思います。ましてや結婚は一生に一度のもの。せめてウェディングドレスだけは着てみたいと思っている新婦もいらっしゃるでしょう。
では、フォトウェディングのメリットをご紹介します。
・結婚式当日にバタバタと撮影するものとは違って、じっくりと撮影しますのでクオリティが高く、グラビアのようにオシャレな写真を撮ることができます。
・高額な結婚式とは違い、費用を極端に安く抑えることができます。フォトウェディングの費用の目安として、約10万円以内となります。浮いた費用を新生活や新婚旅行に回すこともできますよ。
・「再婚だから、派手にはしたくない」「おめでた婚なので式は挙げない」「式を挙げる時間があまりない」などのさまざまな理由を抱えたカップルでも、思い出の写真を残すことができます。
・「挙式はするんだけど、結婚式当日は忙しくて写真をじっくり撮れない」といったカップルが「前撮り」として活用することも。
・撮影場所を自由に選べ、屋外やチャペルで本当に結婚式をあげているような写真を撮ることも可能です。
・子供や両親、友人たちと一緒に、撮影することもできます。もちろん、大切なペットと一緒に記念写真を撮ることもできます。
・結婚式ではウェディングドレスを、フォトウェディングではレンタルすると料金の高い和装を、といったように費用を抑えつつ記念の写真を残すことができます。
・結婚当時はお金がなくて結婚式を挙げられなかったので、結婚○周年の記念としてもいいでしょう。
現在、フォトウェディングは、結婚式の多様化と共に、さまざまなタイプのものがあります。ネットや雑誌で情報収集をして、納得のいく一枚が撮れるといいですね。

 

参考としてこのような式場がございます。

注目の節約術

ウェディングアイテムを自作する!ウェディングアイテムを自作する!最近は、招待状や席次表などのペーパーアイテムや、ウェルカムボードなど、ウェディングアイテムを自作する人が増えているようです。その理由としては、結婚式の費用を抑えるためと、2人のオリジナリティあふれるものをという気持ちからのようです。自分で作るのは面倒に思われがちですが、それもまた思い出ではないでしょうか。

持ち込み量、制限について聞いておく!持ち込み量、制限について聞いておく!結婚式場を決める際に、必ずチェックしておきたいのが、「持ち込み料」や「持ち込み制限」についてです。式場側からあらかじめ説明してくれるところもありますが、そうでない場合も多いので、必ず聞いておきましょう。これが後々のトラブル回避、結婚費用の節約に繋がります。契約後にしまったと思っても、取り返しがつきませんので気を付けて下さい。

厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式最近、密かなブームとなっているのが、神前式です。古式ゆかしい日本人ならではの伝統を感じられることに新鮮さを感じる若者や、晩婚化の影響から落ち着いたお式をと望むカップルが増えているようです。近年では、外国人カップルが神社で結婚式をあげることもあるようです。まだ結婚式の形式を決めていないカップルは、神前式も候補に入れてみてはどうでしょうか。

地域別、結婚式費用の相場地域別、結婚式費用の相場それぞれの地域によって、その場所ならではの習慣や県民性、結婚式に対する考え方などは、大きく違ってきます。それらは、結婚式の費用と密接にかかわってきます。結婚費用の地域別平均金額と、地域別の具体的な傾向を知ることによって、事前に両家でしっかりとすり合せを行い、これからの式場選びや予算設定などの参考にしてください。

PAGE TOP