挙式の日取りで費用が変わる

ウェディングアイテムを自作する!

厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式

実は費用は「日取り」で変わる

婚約がととのうと、なるべく早くから結婚に向けての準備を始めたいものです。挙式に披露宴、新婚旅行に新生活の準備など、やらなければいけないことはいっぱいです。そんな中、挙式と披露宴の「日取り」は、2人の都合だけでなく、両家とも打ち合わせしなければいけません。さて「日取り」について、結婚式には人気の季節や曜日などがあるのをご存じでしょうか?
よく知られているのはジューンブライドの6月や、気候のいい春や秋。なかでも土曜日、日曜日、祝日の大安や友引は大人気です。もし希望する日取りがある場合は、早めに予約を入れる必要があります。
反対に人気のない日取りもあります。もし結婚式の費用を抑えたいと考えているならばオフシーズンが狙い目でしょう。式場によって、格安プランや、割引などのサービスを受けられる場合があります。
・真夏や真冬、年末年始や夏休み、雨の多い梅雨の時期など。
・六輝でよくないとされている仏滅
・平日、連休の中日、夕方から開始するナイトウエディングなど。
・3か月以内の結婚式(おめでた婚で式を急いでいる場合など)
式場選びをするときに、日取りによる割引やサービスなども考慮しながら行うのもいいでしょう。
しかし、ここで注意しなければいけないこともあります。それは、結婚式が2人だけのものではないということです。多くの人を招待する場合は、招待客の都合を考える必要もあります。確かにオフシーズンなどでの結婚式は費用を抑えることができます。ですが、お盆休みや年末年始、GW、連休などは、実家への帰省や、旅行へ行くなどの過ごし方が決まっている人も多いハズ。またその時期は交通機関やホテルなどがなかなか取りにくい場合も。また、真夏や真冬の場合は、招待客の体調が崩れる心配も。他に、朝早くからの結婚式やナイトウエディングなどは、招待客の準備が大変になったり、子供がいる招待客は躊躇してしまうことも。
招待客の都合も考慮して日取りを決めたいものです。

注目の節約術

ウェディングアイテムを自作する!ウェディングアイテムを自作する!最近は、招待状や席次表などのペーパーアイテムや、ウェルカムボードなど、ウェディングアイテムを自作する人が増えているようです。その理由としては、結婚式の費用を抑えるためと、2人のオリジナリティあふれるものをという気持ちからのようです。自分で作るのは面倒に思われがちですが、それもまた思い出ではないでしょうか。

持ち込み量、制限について聞いておく!持ち込み量、制限について聞いておく!結婚式場を決める際に、必ずチェックしておきたいのが、「持ち込み料」や「持ち込み制限」についてです。式場側からあらかじめ説明してくれるところもありますが、そうでない場合も多いので、必ず聞いておきましょう。これが後々のトラブル回避、結婚費用の節約に繋がります。契約後にしまったと思っても、取り返しがつきませんので気を付けて下さい。

厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式最近、密かなブームとなっているのが、神前式です。古式ゆかしい日本人ならではの伝統を感じられることに新鮮さを感じる若者や、晩婚化の影響から落ち着いたお式をと望むカップルが増えているようです。近年では、外国人カップルが神社で結婚式をあげることもあるようです。まだ結婚式の形式を決めていないカップルは、神前式も候補に入れてみてはどうでしょうか。

地域別、結婚式費用の相場地域別、結婚式費用の相場それぞれの地域によって、その場所ならではの習慣や県民性、結婚式に対する考え方などは、大きく違ってきます。それらは、結婚式の費用と密接にかかわってきます。結婚費用の地域別平均金額と、地域別の具体的な傾向を知ることによって、事前に両家でしっかりとすり合せを行い、これからの式場選びや予算設定などの参考にしてください。

PAGE TOP