挙式と披露宴の費用の内訳

ウェディングアイテムを自作する!

厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式

挙式、披露宴費用の内訳

すべての女性にとって一生に一度の大切なイベント。それが結婚式!!この日ばかりは、自分が主人公。憧れのウエディングドレスを着て、大好きな彼と愛を誓い合う。そんな理想の結婚式を挙げるには、いったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか?
婚約から新婚旅行まで「全国平均444.2万円」の費用がかかるとされています。主な内訳として婚約時の「結納と会場費13.1万円」「両家の顔合わせと会場費5.8万円」「婚約指輪31.7万円」。挙式と披露宴時の「2人分の結婚指輪21.5万円」「挙式と披露宴343.8万円」。新婚旅行時の「新婚旅行代金54.8万円」「新婚旅行の土産代11.8万円」となります。地域によって差はありますが、会費制披露宴が中心の北海道で平均275.9万円とやや金額が低く感じますが、その他の地域では平均400万円~470万円と高額のようです。
上記内訳をみると、なかでも最もお金がかかっているのが挙式と披露宴でしょう。なんと「全国平均343.8万円」の費用がかかるとされています。この内訳として、「挙式料25.3万円」「料理、飲み物(一人1.8万円)124.2万円」「新婦の衣装45.4万円」「新郎の衣装15.8万円」「引き出物、引菓子、プチギフト35.1万円」「ブーケ4.8万円」「装花17.5万円」「スタジオ別撮り撮影14.5万円」「スナップ写真撮影22.0万円」「ビデオ撮影17.4万円」「映像演出7.0万円」「司会(プロに依頼した場合)6.4万円」「ブライダルエステ8.8万円」となります。他にも「遠方からの招待客の交通費や宿泊費10万円~」「主賓や受付係へのお礼やお車代10万円~」「仲人をお願いした場合のお礼20万円~30万円」なども必要になってきます。
また、新生活を始める費用(家具や家電、引越し代金や家賃など)もプラスすると、結婚にかかる費用は総額で600万円程度必要となってきます。
これらを念頭に置き、結婚を考えているカップルは、早めに結婚費用を2人で溜めるようにすると良いでしょう。

注目の節約術

ウェディングアイテムを自作する!ウェディングアイテムを自作する!最近は、招待状や席次表などのペーパーアイテムや、ウェルカムボードなど、ウェディングアイテムを自作する人が増えているようです。その理由としては、結婚式の費用を抑えるためと、2人のオリジナリティあふれるものをという気持ちからのようです。自分で作るのは面倒に思われがちですが、それもまた思い出ではないでしょうか。

持ち込み量、制限について聞いておく!持ち込み量、制限について聞いておく!結婚式場を決める際に、必ずチェックしておきたいのが、「持ち込み料」や「持ち込み制限」についてです。式場側からあらかじめ説明してくれるところもありますが、そうでない場合も多いので、必ず聞いておきましょう。これが後々のトラブル回避、結婚費用の節約に繋がります。契約後にしまったと思っても、取り返しがつきませんので気を付けて下さい。

厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式厳粛な雰囲気で古式ゆかしい、神前式最近、密かなブームとなっているのが、神前式です。古式ゆかしい日本人ならではの伝統を感じられることに新鮮さを感じる若者や、晩婚化の影響から落ち着いたお式をと望むカップルが増えているようです。近年では、外国人カップルが神社で結婚式をあげることもあるようです。まだ結婚式の形式を決めていないカップルは、神前式も候補に入れてみてはどうでしょうか。

地域別、結婚式費用の相場地域別、結婚式費用の相場それぞれの地域によって、その場所ならではの習慣や県民性、結婚式に対する考え方などは、大きく違ってきます。それらは、結婚式の費用と密接にかかわってきます。結婚費用の地域別平均金額と、地域別の具体的な傾向を知ることによって、事前に両家でしっかりとすり合せを行い、これからの式場選びや予算設定などの参考にしてください。

PAGE TOP